ブログ一覧

AI時代の統計

 

厚労省の基本となる統計データが杜撰なものであったと政府が認めた。
AIは人間よりはるかに優秀な頭脳を持っていると喧伝されている。AIが解を出す、その基となるデータがいい加減な人間が作成したものだとなれば問題だ。


昔、コンピュータが世に出始めた頃の先方の言い分を想い出した。「間違いではありません。これはコンピュータが計算したものですから!」
データより先ずは作成する人間の信頼性が問われている。

 



                                 (理事長 山田宏昌)

2019年02月12日

豊洲市場に行った!

 

まあ、とにかく広かった。築地はそれなりに良かったけれど、この施設に移転できてよかったなと
思った。休日の正午ごろ行ったので、セリの場面は見れなかったが、いろいろな店があり楽しかっ
た。せっかく来たので寿司屋に。1時間も並んだが味は堪能した。マグロの模型も。看板に「国産
マグロ最大級サイズ」。496㎏、2.88m、胴回り2.36 m、1986年はえ縄漁船「幾伸丸」が種子島
沖で漁獲と。今年初セリに出された大間のマグロは278㎏で3億3千万円だった。これが出されてい
たら何億円? 



                                 (理事長 山田宏昌)

2019年02月04日

最近読んだ本

 

最近、こんな本を読んだ。


大企業のサラリーマンに向けられて発信している書籍だ。
大企業で、当たり前のように身に付いた、ITやアプリの知見や活用経験、また、効率化のメゾット
やスキルなど、そのようなファクターが、有効に活用されていない中小企業経営に活そうというも
のだ。
M&Aで、自己の能力を活かせる中小企業を買い取り、自らオーナー社長になろうとの啓蒙の書であ
る。
個人的意見は、さて置き、皆さんは、どう思われるでしょうか?




                                  (理事 阿部一雅)

2019年02月04日

第30回黒澤賞論文の締切り迫る!



去る1月12日午後、都内のある喫茶店の片隅で黒澤賞論文について、JIMA会員のAさんと友人
Q氏の「新春架空問答」を取材した。主なQ&Aは次の通り。

Q氏 明けましてお目出とうございます。
Aさん Q君、今年も宜しくお願い致します。
Q氏 ところで、噂によると黒澤賞論文の締切りが近いと聞いているが・・・・。
Aさん そうだね。3月末日が論文原稿の締切日なので、残り3ヵ月と云うところかな。
Q氏 論文の応募に関して何か条件があるの。
Aさん もちろんあるよ。論文募集にあたっては、わが国の社会環境に基づき、常に未来志向の論
文テーマが設定されている。

Q氏 因みに、今回の論文テーマは何なの。
Aさん第30回を迎えた今回の論文テーマは「AIと経営イノベーション」だよ。AI(人工知能)
については、マスコミ各社が新春を飾るトピックのなかでも特集しているように、21世紀の市場経
済を担う非常に大きな課題と云えよう。JIMAでは、このAI問題を先取りして論文テーマに設
定している。もちろん「自由課題」による応募方法もあるよ。

Q氏そもそも黒澤賞論文とは、どの様な意味合いのものかね。
Aさん 日本経営管理協会(JIMA)の第5代・黒澤清会長(経営学博士)の功績を称えて創設したJIMA事業の一つと聞いている。これまで多くの方々から素晴しい論文を応募頂いているそうだ。また、論文応募を契機にJIMAが付与する資格を取得のうえ事業活動に励んでいる人も多いよ。

Q氏 懸賞論文として募集活動を行なっているようだが、具体的な内容はどうなっているの。
Aさん賞金ランクは、本体の黒澤賞が10万円、協会賞が3万円、佳作は1万円となっている。また、奨励作として記念品贈呈もあるよ。

Q氏 非常に興味があるのでもっと詳しく教えてくれないか。
Aさんそれなら、JIMAホームページの「第30回黒澤賞論文募集」の中で、詳細に記載しているので、是非そちらの方を閲覧して欲しい。

Q氏 自分もこの機会に論文募集に応募しようと思うが、もう遅いかな~。
Aさんいやいや決して遅くはないよ。締切り期限は迫っているが、過去の応募者を対象に行なったアンケート調査では、論文執筆期間は3ヶ月前後が最も多く、なかには1ヵ月で書き上げている人もいる位だから君も頑張ってみてはどうだ。

Q氏 では、早速そうするよ。
Aさん必ず応募してくれ。大いに期待しているよ。


                             (黒澤賞事業委員長 井上洋一)

2019年02月01日

戦争がもたらすもの

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は昔の教科書等で見た人もいると思いますが、
原爆後の長崎で亡くなった弟を背負い、焼き場で順番を待つ少年。
この少年は血がにじむほど唇をかみしめて、やり場のない悲しみをあらわしています。

昨年ローマ法王フランシスコがこれを見て感動し、戦争がいかに悲惨な結果を
もたらすか、全世界の信者等の人々にそれぞれの言葉に訳して配られたと聞いています。

新年にあたり、あらゆる戦争をなくし、
平和で幸せな世界であることを願いたいと思います



                                 (副理事長 戸川宏一)

2019年01月18日

ワインの国産表示の厳格化

 

とてもよいことだと思う。10月30日から国産ワインのラベル表示が改められたという。
「日本ワイン」を名乗れるのは国産ブドー100%だけ。「ご当地ワイン」はその地域で収穫された
ブドウが原料の85%以上を占め、かつその地域で醸造されたものだけを指すことになった。小生は
どちらかといえば日本酒党であるが、たまにはワインも美味しく飲みたくなる一人だし、そのとき
は「日本ワイン」と言ってみたいから。


                                 (理事長 山田宏昌)

2018年11月05日

映画「教誨師」に思う。

 


今年2月に急逝した大杉 漣さん最初のプロデュース作品で最後の主演映画となった「教誨師」を観た。殆どのシーンは一つの部屋の中だが、教誨師(大杉)と6人のそれぞれの過去を持った死刑囚たちとのやりとりに引込まれた。「死刑存続の是非」が問われている中で、また、死刑に関して殆ど公開されない現実のなかで、死刑囚が死んでいくまでに何をし、どう変わったのかに迫った意義は大きいと思った。その昔、映画の訴えるネライは違うが、“一つの部屋”での映画という意味ではフェンディ・フォンダ主演の「十二人の怒れる男」を想い出した。1回目の審議では陪審員11人が有罪、№8(F・フォンだ)だけが無罪という中で、審議をくり返しながら粘り強く真実を追求していき、逆転させた姿を。



                                  (理事長 山田宏昌)

2018年10月22日

「ハナサクヤヒメ」

 

ユニット名「ハナサクヤヒメ」で双子の姉と初ライブ!
ライブハウスでピアノ、キーボード、鍵盤ハーモニカを使ってライブを行いました。
何歳になっても、チャレンジ精神は持ち続けたいです!度胸だけはあります(笑)




                                  (理事 石原愛子)

2018年10月22日

ゴルフファンの夢

 

ゴルフを趣味の一つにしているから、ホールインワンやエージシュートを達成することは夢で
ある。2020年には東京オリンピックが開催される。ゴルフも競技種目となるが4回目だと思う。
ゴルフに関する最古の文献は、1457年のスコットランド議会が発した「ゴルフ禁止令」と言われ
ている。ところが、その500年以上も前に、中国に今のゴルフに似た遊びがあったという記事が
1991年12月に講談社の雑誌「VIEWS」がその記事を発表して世の中を騒然とさせた。“捶丸”
(ツイワン)という遊びがそれだ。

実は内容を読む限り、「似た」というレベルのものではなく、そのルールを見ても正に今のゴルフ
そのもののように思う。その掲載記事は手元にある。記事の根拠は、中国西北師範大で体育学部
教授の凌洪齢氏の論文である。海外にも紹介された。そして、その基となった文献は台湾の故宮博
物院にあるという。

ゴルフを趣味とする一人として、死ぬ前に一度は訪問して、その文献を確認できることが夢で
ある。




                                 (理事長 山田宏昌)

2018年09月25日

4日間連続(9:00〜18:00)で

 

4日間連続(9:00〜18:00)で、HPMP(ヒューマン パフォーマンス マネジメント プロフェッショナル)の養成講座と検定試験に、オブザーバーと試験官として、参加した。
ラインマネージャーと人事スタッフの方々を対象に、
【組織の人間マネジメントの専門家】を養成し、
JIMAが検定団体として活動し、全能連が資格を認定する。
受講受験した皆さんが、組織の価値創造に、大きく寄与し、大活躍することを、確信している。


                                  (理事 阿部一雅)

2018年09月18日

老化防止の為に

 

老化防止の為に、週4でジムに通い始めて、三ヶ月が経った。
肉体改造は、良い感じて、進んでいる。
予想外だったのは、疲れにくくなったこと。
それに加えて、肉体的なタフさと比例して、精神的にもタフになり、
ストレスに強く、いつも、ポジティブシンキング、これには、驚いている。




                                  (理事 阿部一雅)

2018年09月10日

ジョン・マケイン上院議員 ご逝去

 

米国共和党の重鎮であったジョン・マケイン上院議員が亡くなった。
トランプ現大統領は参加しなかったが、ブッシュ元大統領やオバマ前大統領
が参加して盛大な葬儀が行われたのこと。約28年前にアリゾナ州に住んでいた時、
お会いしたがとても素晴らしい方で、一時は大統領候補だった。
当時マケイン氏から直接頂戴したSterling Awardが思い出される。
ご冥福をお祈りしたいと思う。


                                 (副理事長 戸川宏一)

2018年09月03日

やっぱり関心は定年後

 

関東では、埼玉県だけが 定年後セミナーを開催しているということで今回受講。50歳代中心に40名が参加。講師は「こころ、けんこう、かね」の3Kの取り組みを説明しましたが、やっぱり「金!」に質問が集中しました。



                                  (理事 萩原泰之)

2018年09月03日

広島からアジアへ


6月から東広島の半導体設計会社に通い、海外販路拡大のお手伝いしています。広島大学ベンチャー。日本の高い設計技術を海外へ。今年西日本豪雨など災害続きですが、頑張れ!広島。



                                  (理事 萩原泰之)

2018年09月03日

事務局の椅子を一新しました!!

 

毎月開催される理事会は、この部屋で熱い議論が交わされています。

 

2018年度第4回若杉杯の受賞者 井上洋一名誉理事


事務局会議室には、4名の若杉杯受賞者の写真が飾られています。
お近くにお越しの節は、是非お立ち寄り下さい!


                                  (事務局 中村祥代)

2018年08月27日

SDGs








講師:一般社団法人
  BHN事務局長 富野氏

国連が提唱するSDGs。前身のMDGsは開発途上国の社会問題解決だったが、今回は先進国の課題も包括する。日本政府は「民間がイノベーションを生み出すための支援や環境整備」に取り組むという。成長市場、地域活性化、サスティナブルシティ等。 大手だけでなく中堅中小企業もSDGsにどう関わるか、戦略上重要となる。





                                  (理事 萩原泰之)

2018年08月20日

早朝ウォーキング

 

暦の上では「処暑=暑さが和らぐ」が近づいています。ようやく酷暑も峠を越えて秋の空気も感じるこの頃です。
皆様、変わらず水分と塩分の補給を是非お願いします。 毎朝 近くの川崎市宮前図書館へ4キロウォーキング。気分リフレッシュには最高です!





                                  (理事 萩原泰之)

2018年08月20日

富士登山に挑戦!

 

初めての富士登山 、7合目の泊まる山小屋より夕日に映える雷雲の景色に感動、午前1起床の2時出発で何とかご来光を見る事が出来、健康祈願をして参りました。



                                  (事務局 大橋千春)

2018年08月11日

ライオンズクラブ

 

和井内副会長に勧められ東京ライオンズクラブに入会してはや20年になる。6月に姉妹クラブであ
る台北ライオンズクラブの65周年記念例会に参加、馬前総督の挨拶をはじめ台湾経済界のパワー
に圧倒されました。
8月には新設されたミャンマーライオンズクラブと姉妹提携いたしました。




                                  (監事 山本和夫)

2018年08月08日

高校野球100回記念大会

 

『高校野球100回記念大会』の報に、1社でも多くの企業が納得のいく事業承継を…と、
1人のコンサルタントとして、あらためて思いを新たにしている今日この頃です。



                      (中小企業活性化支援協議会委員長 荒蒔良和)

2018年08月07日

炎暑の東京の一服の清涼?

 

8月4日、青梅の自宅からの花火です。東京都で一番西端の田舎で4000発ですが、
結構見ごたえがあります。
青梅は東京で一番暑いと何故か今年言われていますが、この日は風もありそれ程では
ありませんでした。
また多摩川まで下りていけば、涼しいくらいです。



                                  (理事 遠藤義昭)

2018年08月07日

第66回BPIE検定試験官として臨む

 

 極暑の中、31名の受講者が検定試験に挑戦!
 女性13名、男性20名。会社の役員の方から中堅社員まで幅広い層の方が受験されました。
 今の時代、業務革新・改善の必要性を感じました。
 祈!全員合格!!



                                 (理事 石原愛子)

2018年08月06日

国の財務書類を見ると

 

 国の財務書類を見ると、租税等収入69.1兆円に対し、支出が89.1兆円となっている。実に20兆
 円の赤字である。また積もり積もった国債等の長期債務残高が1093兆円となっている。国際情
 勢の不安定さと相まって、今後の日本経済への影響が心配である。


                                 (名誉理事 小島 昇)

2018年08月06日

猛暑が続き、異常気象が

 

 猛暑が続き、異常気象が普通になる中、わが地元埼玉県の南部地区の夏の甲子園代表が、強豪浦
 和学園に決定いたしました。早速私の事務所のある大宮駅で、号外が配られておりました。しか
 し、何故か誰も受け取らないのです。同じさいたま市であっても、浦和のことは大宮地域では、
 全く関心がありません。逆も同様です。合併した2001年以来今日に至っても、各地域意識は強
 く残っています。良いのか悪いのか・・・。


                                   (理事 水野隆行)

2018年08月01日

川崎/横浜の商工会議所総会に出席して


 川崎/横浜の商工会議所総会は、出席600名/1600名で大盛況でした。 地域経済も盛り上がって
 います。話題はいずれも「人材不足」。デジタル・高度外国人材活用を含め経営力が問われるよ
 うです。


                                  (理事 萩原 泰之)

2018年07月31日

公立中学の入学前オリエンに参加した

 

校長先生が、強く啓蒙してきたのは、【手段を、目的化するな?】であると。


                                  (理事 阿部一雅)

2018年07月27日

日本の再成長は地方が大事!


神戸元町商店街夜市が開催されました。
今回、地元のJA兵庫六甲の食材提供で留学生が母国の自慢料理を提供しました。
日本政府は来年から多くの外国人を受入れを決めました。
地方活性化は若く元気な外国の方とのコラボが大事になりますね。



                                  (理事 川村忠隆))

2018年07月27日

オリンピックのこと

 

2020年には東京でオリンピックが開催される。会場の設営等その運営に関しては今、国を挙げて取り組み中である。しっかりお願いしたい。


我が国のオリンピックの歴史は、私が生まれた1940年に東京での開催が決まっていたが、記録によれば、日中戦争で東京大会を返上した。その20年後の1964年に待ちに待った東京での開催。兄が日本水泳連盟関係者だったこともあり水泳競技の応援に行ったものだ。


オリンピックにおけるアジアからの参加は1912年の第5回(スエーデン大会)が初で、我が国からも初めて選手2人、役員2人の計4人が参加。今のオリンピックとの違いは、この年、初めてスポーツだけではなく「芸術競技」5部門が正式採用されている。絵画、彫刻、文学、建築、音楽である。しかし、1952年の第15回(ノルウエー大会)から行われなくなった。客観的な基準で採点することが困難という批判からである。


何事も世の中の評価には可能な限り客観的な基準が求められる。私共の資格付与事業における合格の決定基準は一定以上の得点と決めている。なので、クレームはない。
いずれにしても、人生最後の次のオリンピックを楽しみたいものである。




                                 (理事長 山田宏昌)

2018年07月17日

予測できない自然災害の脅威と今後の対策


この度の西日本豪雨で亡くなられた方に対して心からのご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。特に被害の大きかった、当協会西日本地区の広島・岡山にお住まいの会員の皆様は、さぞ大変な思いをなさったと思います。お見舞いを申し上げます。被災地の一刻も早い復旧・復興を願い、被災された皆様が早く元の日常生活に戻られることをお祈りいたしたいと思います。


それにしても昨今の自然環境の変化による災害の増大は、この先どのように地球環境に影響を及ぼすのか予測ができません。


今回の西日本を襲った豪雨はこれまでに想像できなかったほど激しいもので、国や地方自治体における災害対策に関する計画の早急な見直しが迫られます。 今回は政府によって西日本豪雨に関する激甚災害指定によって復興支援がなされることになっています。しかし、今後の地震、台風、豪雨などの自然災害にどう対処するのか、将来に向かって最悪の事態を想定したシミュレーションとそれに伴う具体策の実行が必要です。


将来の自然災害対策の構築に関しては、日本だけではなく世界各国の叡智を集めて、グローバルな規模での協力関係の更なる努力が求められるものと思います。



                                 (副理事長 戸川宏一)

2018年07月17日

新体制でスタート!

 

 

2018年7月14日(土)に新体制での初めての理事会が開かれました。

新任3名が加わり、理事9名で今期がスタート。

充実した3時間。JIMAのミライは安泰!頼もしい理メンバーです!

その後、懇親会が開かれ、厳しい暑さにもマケズ楽しい語らいが続きました。

乾杯の前に1枚パチリ。



                                 (理事 石原愛子)

2018年07月17日

JIMA事務局へ一寸立ち寄ってみれば・・・!


皆さんはご存知だろうか―。いまJIMA本部の壁面を飾る2枚の顔写真が輝いて見える。それは事務局内の改装に伴い賞状類や写真などの壁面掲示が可能となったからだ。

写真の一枚は「経営管理黒澤賞論文創設者・第5代黒澤清会長」である。昭和63年に創設した黒澤賞論文は、一時の休止期間を除いて脈々と引き継がれ、今年(平成29年度)で第29回を迎えた。

その間、毎年多くの論文応募者を受け入れ、黒澤賞をはじめ協会賞、佳作などの受賞者を輩出した。その中から経営管理士などの資格を取得し、JIMA会員として活躍している方も多い。

もう一枚は「若杉杯創設者・第6代若杉明会長」の写真。JIMA創設60周年記念事業として平成27年に創設した本杯は、今年度で第3回を迎え、第1回・和井内清、第2回・土田勤、そして第3回の今年度は諏訪部栄亮の各会員に贈られた。

黒澤賞論文が一般社会人向けの事業であるのに対して、若杉杯はJIMAの個人会員及び法人会員事業者などを対象に贈呈する名誉杯である。

そして、若杉杯を贈られた方々の顔写真も壁面に並んで掲示されている。会員の皆さんも近隣へ訪れた折は、一寸事務局へ立ち寄り粗茶など飲みながら、暫し憩いで頂ければ書棚に飾られた“若杉杯カップ”も大いに歓迎することであろう。


                                 (副理事長 井上洋一)

2017年09月04日

JIMAの扉をたたいて!

 

しあわせな人生にしよう!
ホームページがリニューアルされた。
第二創業期にふさわしい明るい、分かり易いHPになったことは嬉しい。会員自らが熱い心をもってどんどん活躍場面や意見或いは仲間づくりなどをアップしてくれることがHPを育てることになる。何よりのJIMAへの応援になる。

政府は人口減少の中で一億総活躍社会だ、働き方改革だとやる気満々。それも大事なことである。でも定年退職するような個人にとっては、自分がこれからどう自分らしく生きて行ったらよいのかと迷う人もいるかもしれない。

そのようなときは、私たちJIMAの扉をたたいてほしいなと思います。一緒に学び、感性を磨き、仲間と交流し、自分も発信していけますから、間違いなくしあわせな人生にすることができると私は思います。

                                  (理事長 山田宏昌)

2017年07月14日

リニューアルオープン!

 

ようこそ、JIMAホームページへ‼
2017年7月1日にホームページをリニューアルいたしました。今回は情報を整理し、多くの方々に活用していただけるようにデザインを一新いたしました。今まで以上に内容の充実を図り、情報を提供していきます。また、資格取得された会員の皆様の声や各支会・支部活動の様子など、新しくコンテンツを増やし当協会の活動を分かりやすく発信していきます。
当協会会員の皆様と共に作り上げていきたいと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。m(__)m
                               (広報委員長 石原愛子)

2017年07月01日